ロイヤル級ベーカリーショップ Royal Baking for Taiwan:i Oven



「iOven愛窯」は石窯ベーカリー専門店です。店主Konstantin(康庭)はオーストリアのウィーン出身、彼の妻は花蓮出身であり、ベーカリーの中でウィーンの繊細さと台湾の熱い人情味がうまく溶け合っています。


康庭さんの祖父はウィーンのグランドホテルのシェフであり、ハンガリー帝国時代、最高級ホテルのグランドホテルで数々の賞を受賞し、「オードブル」で名が知られています。また祖父の長兄はイギリス王室の伯爵専属のシェフとし、フランス南部からのゲストをもてなしていた事があり、祖父の次兄はイギリスのエドワード8世の専属シェフでした。「iOven愛窯」は、これら一族の栄光を誇り高く守り続けています。


「iOven愛窯」は伝統的なパンの焼き方を守り、自ら造った石窯を使用しています。薪は康庭さんが果樹の剪定を手伝った時のものや台風で飛ばされた樹木等から得ています。原材料は品質、手作り、全穀粒使用にこだわり、添加物、助剤、改良剤、防腐剤、香料を一切使用していません。また、ライムギ、スペルト小麦、小麦粉はドイツ、コーヒーはウィーンから輸入し、その他の原料は花蓮で購入しています。お店にはパンやケーキの種類も豊富で、80%がライムギパン、全粒粉くるみパン、ウィーンのツォップ、「咕咕霍夫」のケーキ等です。


店内のピザはTripdavisorで花蓮市の1位になり、最優秀レストランにも選ばれました。良質な秘訣はシンプルで且つ長時間発酵にあり、薄い生地にイタリアトマトと新鮮なモッツァレラチーズを合わせます。


「花蓮の文化、音楽、哲学、慈愛の精神はどれもレベルが高く、ヨーロッパの文化とは違って驚嘆させられます。」康庭さん達は休日になると子供を連れて七星潭で石拾いやピクニックを楽しんだり、太魯閣をゆっくりと散策したり、新城郷の黄金峽谷や豊浜郷の親不知子の古道など美しい風景を眺めたりと、忘れ難い思い出を積み重ねています。


iOven 愛窯

住所:台湾花蓮県花蓮市林森路315巷45号

時間:金曜、土曜(開窯は不定期)

電話:(03)832–6656


© 2020 by Hualien Tourism Department.